UnrealEngine奮闘記

アンリアルエンジンでの開発やTIPSをまとめたblogです

インベーダーゲームを作る その1プロジェクトとレベルの作成

それでは今回から数回にわたってインベーダーゲームを作ってみます。
作り方は「40分でBlock崩しを作る」の動画を参考にしました。

今回はプロジェクトとレベルの作成です。

プロジェクトの作成

まずNewProjectからBlankを選びます。

さらにInclude starter contentにチェックボックスが入っているのを確認します。

f:id:swiftnest:20140424132703j:plain

チェックが入っていると最初からメッシュやマテリアルといったコンテンツが作成されるため、非常に便利です。

この状態でプロジェクトを作成すると、机と椅子が配置されるレベルが作成されます。

f:id:swiftnest:20140424132943j:plain

レベルの作成

今回机も椅子も使わないので新しいレベルを作成します。

File -> New Level -> Defaultを選択すると、床しか無い新しいレベルが作成されます。

 

最後に画面上部のSaveアイコンをクリックし、このレベルをinvader.umapとして保存します。

この状態でUnreal Engineを一度終了して再度起動すると、先ほど作った床しか無いレベルではなく、机と椅子が配置されたレベルが表示されるかと思います。

これは、プロジェクトのデフォルト設定が、机と椅子が配置されたレベル(Minimal_Default.umap)を読み込む設定になっているためです。

そこでEdit -> Project Settingsを選び、Maps & Modes内にあるGame Default MapとEditor Startup Map両方に先ほど保存したinvader.umapを指定します。

f:id:swiftnest:20140424133032j:plain

これでUnreal Engineを再起動した際にもinvader.umapから初めることが出来ます。

次回はいよいよBluePrintを使ってプレイヤーの制作を行います。